ページのイメージ
採用出版・SP 2018/07/02

しずおかオンライン初!社内報が発行されました

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、管理課の小西です。

突然ですが社員同士のコミュニケーション活性化のため、
実施している事、思い付く事はありますか?

しずおかオンラインでも、メディア創りにはコミュニケーションをとって
意見交換することが第一、という事で様々な施策を取り入れています。

その活動を推進しているのがSCC(Shizuokaonline Communication Committee)というチームです
もともとは新選組という名前で活動していたのですが(由来は不明、、)
2018年から、より社内コミュニケーションを活性化させることを目的に強く
持つチームにしようということで改名をしました。

そんなSCCの活動の一貫として6月に社内報を発行しました。

それがこちら!


 

SCCのメンバーのWebデザイナーが、womo誌面のデザイナーより
アドバイスを受けて制作しました。
表紙には、その四半期のホットな写真を、ということで
5月にシズオカ×カンヌウィークでJiiinCraftを販売した時の写真が選ばれました

 

中を開くと、4月に入社したスタッフの紹介が。
「なぜSOLに入社を決めたの?」「チャームポイントは?」等
90名近いメンバーが在席しているので、お互いを深く知るための話のタネになりそうです


この社内報、「社員のコミュニケーションを活性化させる」事を目的に制作されました。
そのため社員ひとりひとりにクローズアップした企画が特徴です。
たとえばこちら

 

本をきっかけに話題が広がったり、知らない一面を知ることもきっとあるはず
こちらの企画はリレー形式で、いろんな社員を掘り下げていく予定です。

----------------------------------

この社内報を制作する上でこだわった事は「みんなで創る」ということ
普段のメディア創りにおいては、ライター、カメラマン、デザイナー、エンジニア、営業など
それぞれがそれぞれの役割を果たしながら制作を行っています。

その中で他部署、他業種のメンバーと一緒に仕事をしながら生まれた

「わたしも文章を書いてみたい」
「写真を趣味でやっているから、生かしてみたい」
「この人の絵がとてもかわいいからみんなに知ってほしい」

という社員の声を受け、誰でも制作に挑戦できる場として社内報を位置づけました

今回も、写真はシステムエンジニア・イラストはWebデザイナーのメンバーが担当。
次号からも社員の「やってみたい」を募集し、制作を進める事になっています

----------------------------------


制作を通して、出来上がった誌面を見て、社員同士のコミュニケーションが活発化すれば
もっとよいメディア創りにつながるはず。

そのための社内コミュニケーション活性化の取り組みは今後もご紹介していきます

----------------------------------

 

しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!

「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。

くわしくはこちら!

Category

Ranking