ページのイメージ
採用出版・SP 2019/04/10

「幸せな瞬間を届ける」をつくる一人になる【学生ライターインターンシップ】

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
國學院大學・人間開発学部・健康体育学科の小杉山京です。
いよいよレポートも最終回となりました。私達のレポートを読んでインターンシップに参加したいと言ってくださった方もいたようで、とても嬉しく感じています!
今回は「幸せな瞬間を届ける」ために必要なことを紹介していきたいと思います。

これを知らなきゃ関われない!

皆さんは「SPツール」という言葉を知っていますか?「SP」とは「セールス・プロモーション」の略で、「SPツール」とはその名の通り販売を促進させるためのツールです。このSPツールや様々なコンテンツを制作する際、特に大切な点が3つあります。

 

0.クライアントが指定した期限内、予算内に「ミス」なく行うことです。

1.クライアントの抱える問題の課題解決、目標達成。

2.最後に2つ目、+αの提案です。

            

中でも、私が大切だと思った事は課題解決、目標達成の際、クライアントの”ブレ”を修正することです。

 

例えば「部屋が汚い」という課題があり、「部屋をきれいにする」という目標を立てたとします。掃除をしているとき、懐かしい写真が出てきてアルバムを見返しているうちに1日が終わってしまった。すると結果は「部屋がきれいになった」にはならず、「部屋が汚い」という課題は解決できません。途中でアルバムを見るのを辞め、掃除を再開する必要があります。
クライアントの課題を解決するための目標からブレている、またはその道のりでブレてしまったときは、修正をすることが大切なのです。

ところでなぜ3つの大切なことが、「0・1・2」なの?と疑問に感じている方もいるかと思います。その疑問は、ぜひしずおかオンラインのインターンシップで解消してみてください!

苦手なものにこそ、栄養がたっぷり!

3日目のインターンシップは企画事業推進課の風間さんに校正の仕方を教えていただき、書店で販売される「くさデカ」の記念本の校正をしました。。

私の校正のイメージは、字を読み続け、ひたすら間違いを探す地道な”作業”。これはまさに私の苦手分野です。

校正でミスがあった場合はクライアントや掲載しているお店に迷惑をかけてしまうため”責任感”を感じました。

しかし、私が昔からテレビで見ていた『くさデカ』の記念本制作すに関わることができたと考えると、まだ実感は湧きませんでしたが”嬉しさ”を感じました。

また、先日、本屋で見つけた販売中の『くさデカ』の記念本に自分が校正をしたページがあり”達成感”を感じ、つい隣にいた母に自慢をしてしまいました。

 

私が初めに「作業」と書いたのは苦手意識が強かったからです。しかし、正しい情報と共に多くの人々に「幸せな瞬間を届ける」ためになくてはならない仕事です。だからこそ”責任感””嬉しさ””達成感”など、多くの「やりがい」を感じることができます。苦手な野菜にたくさん栄養があるように、私の苦手な仕事にはたくさんの「やりがい」がありました。皆さんも「やりがい」を感じることができ、「幸せな瞬間を届ける」をつくる体験をしてみませんか?

 

 ここまで読んだら参加しよう!

3日間のレポートを書くとき、先述した「0.1.2」を意識しました。 

0.レポートの期日を過ぎないこと。
1.皆さんを「インターンシップに行きたい!」と、「行動を促進させる目的」から、私の「インターンシップでの感想文」にブレていかないこと。
2.自分の視点からみたリアルなインターンシップ「+α」の体験を伝えられるようにすること。

 

また、このレポートは私が書いたものをそのまま掲載しているわけではありません。何度もしずおかオンラインの社員の方に校正をしていただき、出来上がっています。校正のおかげで私の読解困難なレポートもわかりやすく皆さんに伝えられるようになっています。校正する側としてもらう側、両方を経験し「校正」の仕事を違った形で見ることができ、重要さを実感することができました。

 

これらは、しずおかオンラインのインターンシップに参加しなければ知ることはできませんでした。インターンシップで学ぶことは仕事内容だけではありません。今後の生き方で役立つような考え方から、他ではなかなかできない経験など様々な事を知ることができます。

この3日間のレポートを書く中で私が最も嬉しかったことは、冒頭でも言ったようにレポートを読んでくださった方が「インターンシップに参加したい」と思ってくださったことです。そのためにこのレポート書いていたわけですが、実際にそういう方がいたというお話を聞くと、「幸せな瞬間」を届けられている気がしてとても嬉しかったです。参加を迷っている人は、ぜひしずおかオンラインのインターンシップに応募してみてください。その時は「学生ライターのレポートを読んで参加したいと思った」の一言も忘れないでくださいね。

 

今までレポート読んでくださりありがとうございました。


しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!
「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。
くわしくはこちら!

Category

Ranking