ページのイメージ
デザイン 2020/12/10

Illustratorでイラストを描く

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!デザイン課のかるべです。

 womoの制作を始め、主にグラフィックデザインの制作しています。

 

最近デザインの中にイラストを組み込む機会が増えました。

私は主にIllustratorを使ってイラストを制作しています。

イラレは解像度の概念がないので非常に便利です♡

そこで、どのように描いているかをざっくりご紹介します!

 

画像トレースで線を描く

アナログで下絵を制作し、スキャンして線をパスに変換する方法です。

簡単にできるところとアナログ感が魅力です!

しかし移動や修正をするのが難しいところが難点です。

 ①   白い紙に太めのペンで下絵を描き、スキャンしてパソコンに取り込みます。

②   Photoshopでレベル補正を行い、白と黒のコントラストを上げます。

③   Illustratorに画像を配置し、オブジェクト→画像トレース→作成して拡張を行います。

④   線がパスに変換されてベクターのデータになります。

※線のコントラストがはっきりしていなかったり、線が細いと上手く線が拾えないので注意が必要です。

⑤   オブジェクト→ライブペイントで着彩し、拡張して色付けまで完了です!

※線が閉じていないと上手く色が塗れないので、線は隙間を作らず閉じることが必要です。

 

パスで線を描く

イラレ上でパスをとって線を作る方法です。パスを取るのが大変なのが難点です。しかし、修正が簡単で線にスタイルを付けたり効果が反映しやすいのでとても便利です。

 ①   下絵を元にパスをとります。

②   線幅を変えて強弱を付けたり、線にスタイルを付けたりして思い通りの線にします。

③   こちらもライブペイントで着彩することができます。

線のスタイルはイラレに元から入っているものだけでも種類が豊富なので、いろいろなテイストのイラストに変えることができます!

例えばこんな感じです。 

一手間加えておしゃれにするポイント

 ・ウィンドウ→スウォッチライブラリ→パターン→ベーシックの中からパターンを選んで塗りに模様をつけます。密度が上がってクオリティーが高くなります。

・線の一部を切ってみると、抜けができてこなれ感が出ます。

 

ざっくりですがこんな感じで制作を進めています。

今回はブログ用に描いた殴り描きですが、もっと素敵なイラスト・デザインを制作していると思うのでしずおかオンラインの発行物をチェックしてみてください!!

 

おまけにご紹介したイラストを使って、4コマ漫画を描いたのでぜひ読んでみてください。

 

これが、きゅんです!?

 

 

 


しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!
「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。
くわしくはこちら!

Category

Ranking