ページのイメージ
採用デザイン 2017/03/03

Webデザイナー採用の面接官の立場から伝えたい大切なこと。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接風景

こんにちわデザイン研究課、クリエイティブディレクター藤本です。
わたしたち、しずおかオンラインでは3月1日をもって、2018年度卒業予定の新卒採用が始まります。
しずおかオンラインの会社説明会についてはこちらでご確認ください。

いままで私自身も、新卒採用・キャリア採用と問わず面接官として数多くの求職者と対面させていただきました。
そんな経験をもとに、これからデザイナーとして活躍したい方に(当社問わず)面接で好印象をあたえるであろうアドバイスをさせていただければと思います。
とはいえ個人的なアドバイスになりますので、結局のところ通用するかどうかはアナタ次第です!

ポートフォリオ

新卒採用、キャリア採用どちらにもいえることですが、現時点のあなた力量を可視化するのに一番効果的です。
新卒のかたはとくに実績が少ないため、ポートフォリオ自体が実績としてアピールする作品になるはずです。
もちろん、面接官としてもポートフォリオには期待をしていますし、現時点の力量やセンス、クセ、得意分野など読み取れることも多く、真剣に拝見します。
紙にこだわり、わざわざ印刷会社にだして中綴じ冊子や無線綴じ冊子にしているかたもいらっしゃいました。WebのデザイナーさんはポートフォリオWebサイトを制作しているかたも大勢います。

オンデマンドの印刷会社でポートフォリオ、学割もあるようです。興味あるかたは探してみてください。

ただし、新卒のかたは特に、現時点での技術(スキル)やセンスなどはあまり選考基準になりません。
どれだけ作品にたいして真剣に取り組めたか。こだわった部分はどこか。愛情をもてたか。
という部分に興味をもってポートフォリを拝見しています。

ファッションセンス

ファッションセンス

「リクルートスーツではなく私服でお越しください。」いわゆる私服面接。新卒の場合は当社でもそういった声かけをしています。
「デザイナー=服がオシャレ」という図式は僕の中ではとくに設けてはいません。がこだわっているかどうかはくまなくチェックしています。
靴や時計、メガネ、アクセサリーなどはもちろんですが、ペンや消しゴム、スマホなど。
高価なものかどうかではなく、その人に似合っているか。こだわっているか。統一感があるのか。大切にしているか etc…
実は身につけているもので面接官として得られる情報は非常に多くありますし、ウソをつきません。
キャリア採用の方でもスーツで来られる場合とカジュアルな場合がありますが、どちらでも全く構いません。
むしろリクルートスーツから得られる情報は少なく、自分が気に入っている服装できてくれたほうが面接官としてはうれしいです。
もちろん最低限のマナーがありますので相手が不愉快に感じないことはあたりまえですが。(その昔、寝間着?と思われる服装の女性がいたこともあります。)

どこまで先を見ているか。想像できているか。

FUTUREのイメージ

話をするなかでどこまで先が見えているかは、非常に重要です。採用に有利ということだけでなく本人にとって重要です。
本人にとって重要なことはチームにとっても会社にとっても重要です。
僕だけでなく多くの方は、先がみえていない(想像できない)かたより、先を見ている(目指している)かたと仕事がしたいです。
とくにIT業界は先の予測が難しく、近い(1-2年)未来の動きと、もう少し(5年後)未来の予測や想像ができていないと活躍を続けるのが難しいです。
将来(例えば10年後)の未来予想図を語ってみるのも面白いと思いますし、それが間違っていようが的外れだろうが、面接のときにはまったく構いませんよ。(それが的外れかどうかなんて誰にもわかりませんし!)

インターネット、どれだけ好きか。

面接官として必ず質問していることが2つあります。
その一つが「インターネットは好きですか?」です。
ほとんどの方が(というか今のところ100%です)好きです。と答えてくれます。
じゃぁ、どれだけ好きですか?というと返答に困る方も多いです。そういうときは言葉を変えて「よく見るサイト、毎日見るようなサイトはありますか?もしくは最近注目しているサービスなどはありますか?」と聞きます。
そこで出たWebサイトやサービスが、インターネット好き度数を勝手に算出させていただきます。
利用頻度や楽しみ方、アンテナの高さ、トレンドの把握などもわかります。

デザイン、どれだけ好きか。

アイデアイメージ

面接官として必ず質問していることもう一つが「デザインは好きですか?」です。
先にあげたインターネット好きですか?に似ていますが、デザインが好きな人がなによりも重要だと僕は思います。
「天才は努力する者に勝てない、努力する者は楽しむものに勝てない」という言葉があります。
中国の儒家孔子の言葉を訳したものですが、本当にそう思います。
デザインが好きな人は指導されずとも自ら勉強し多くのことを吸収します。しかもそれを一切苦と感じずに。
どう答えれば正解か。は僕にもわかりません。
デザインの好きな理由、取り組んでいること、これから取り組みたいこと、どういうデザイナーになりたいのか、どんなデザインが好きか、リスペクトしているデザイナーさんやアーティストはだれか、最近見たデザインで心に残っているものは、いままで一番印象にのこっているデザインは、プライベートで取り組んだデザインは、などなど。
あなたのデザインに対する想いを話してみてください。好きならきっと伝わります。


しずおかオンラインでは、新卒採用・キャリア採用どちらでもWebデザイナーを求めています。

しずおかオンライン採用サイト

「毎日の暮らしの中にたくさんの小さな幸せをつくることで、地域をもっと素敵にしたい。」
運営サイトをより成長させるためのインハウスデザインから、中小企業の課題解決を実現するクライアントワーク。Webだけでなくグラフィックやエディトリアルといった誌面デザインも。
主体的に行動し、行動によって自らを成長させることのできるデザイナーを目指す仲間を積極的に募集しております。


しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!
「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。
くわしくはこちら!

Category

Ranking