ページのイメージ
WEB開発デザイン 2018/08/27

cssだけでズームしながらふわっと表示が切り替わるスライドショーを作る

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は動くヒーローイメージが当たり前になってきましたね。
今回はjQuery、JavaScriptを使わずに、
cssだけでズームしながらふわっと表示が切り替わるスライドショーを作ってみたいと思います。

まずはデモをご覧ください

http://jsdo.it/a-o-yagi/IE6q/fullscreen

background-imageで表示するパターンと
imgタグで表示するパターンとを用意してみました。フェードイン・フェードアウトの動きは共通です。

スライドアニメーションに関してはどちらもcssのanimationで実装しています。

html


<div class="main_imgBox">
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)"></div>
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)"></div>
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)"></div>
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)"></div>
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)></div>
      <div class="main_img" style="background-image: url(###)></div>
    </div>

main_imgBoxで、スライドの中身を囲んでいます。

css


.main_imgBox {
      height: 680px;
    overflow: hidden;
    position: relative; }

ここでスライドの高さや幅を設定します。

overflow: hidden;にし、imgがズームした時にはみ出た部分を隠します。
このboxが基準となるのでposition: relative;とします。


  .main_img {
    z-index:10;
    opacity: 0;
    width: 100%;
    height: 680px;
    background-position: center center;
    background-repeat: no-repeat;
    background-size: cover;
    position: absolute;
    left: 0;
    top: 0;
    -webkit-animation: anime 36s 0s infinite;
    animation: anime 36s 0s infinite; }

スライドの中身です。

初期値をopacity: 0;にして表示を隠します。
外接リサイズになるようbackground-size: cover;とします。

position: absolute;で、スライドの中身を.main_imgBoxに合わせて重ねます。
紙芝居のようなイメージでスライドをを切り替えていくような構成です。


animation: anime 36s 0s infinite;

animationにanimeという名前をつけます

6枚のスライドを6秒ずつ、
36秒間かけてアニメーションし、infiniteによって再生をループします。

スライドショーを順番に出すcss


 .main_img:nth-of-type(2) {
      -webkit-animation-delay: 6s;
      animation-delay: 6s; }

    .main_img:nth-of-type(3) {
      -webkit-animation-delay: 12s;
      animation-delay: 12s; }

    .main_img:nth-of-type(4) {
      -webkit-animation-delay: 18s;
      animation-delay: 18s; }

    .main_img:nth-of-type(5) {
      -webkit-animation-delay: 24s;
      animation-delay: 24s; }

    .main_img:nth-of-type(6) {
      -webkit-animation-delay: 30s;
      animation-delay: 30s; }

animation-delay: で、アニメーションの開始時間をずらします。
6秒づつで現れるスライドが切り替わります。

@keyframes


@keyframes anime {
  0% {
        opacity: 0;
    }
    8% {
        opacity: 1;
    }
    17% {
        opacity: 1;
    }
    25% {
        opacity: 0;
        transform: scale(1.2) ;
         z-index:9;
    }
    100% { opacity: 0 }
}

opacity: 0;で表示の変更
transform: scaleでサイズの変更をします。

3秒目から、3秒目かけてフェードイン。
36秒間かけてアニメーションするので、3秒は8%、6秒は17%ですね。

6秒後に次のスライドが再生されるので、
ここからまた3秒目かけてフェードアウト。
この間、1.2倍まで画像はズームされます。

6枚目よりも1枚目が上に来るようにz-indexを一つ下げています。

少しわかりにくいですが、図にするとこんな感じです。
img

そのまま実装しても動きますが、この計算がわかっていると
スライドの枚数や時間の変更をしたい時に調整ができますよ。

動きを変えてみたり、上に文字を乗せてみたりと
色々試してみると面白いと思います。

javascriptやプラグインを使うほどじゃないときなどに、方法を知っていると便利です。

animationのくわしい解説はこちらも参考にしてください。

CSSのanimationでふわふわさせたりブルブルさせたりする


しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!
「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。
くわしくはこちら!

Category

Ranking