ページのイメージ
住宅 2017/03/27

SNSについてよく聞くお悩みBEST4 その1

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは住まい西部三河課の鈴木です。
 ※前回の鈴木とは別人です。今回は営業の鈴木です。女性です。

 

さて、初のブログ更新ですので、はりきってまいりますよ!

 

今回は、私が工務店さんとお話していてご質問いただく
「SNSについての悩み」について、“よく聞くお悩みBEST4”に沿って
いつもお応えするように、本当に簡単に、分かりやすくご説明いたします。


まずは、“よく聞くお悩みBEST4”を発表します。

①正直、全然ついていけてない。
②それぞれ何がどう違うのか分からない!
③やった方がいいのは分かるけど何から始めたらいいのやら。
④本当はうまく活用したいのに(泣)

【①正直、全然ついていけてない。】
→大丈夫です。そういう方はたくさんいらっしゃいます。
 普段から接していないので、よくわからないだけですよ(^◯^)
 勇気をだして、始めてみましょう!
 まずは、それぞれの特徴について知るところからです。

 
【②それそれ何がどう違うのか分からない!】
→では、最近よく聞かれる3メディアについて、ご説明します。
        
Facebook:実名でつながる世界最大のSNS。
 文章、写真、動画、リンクなど投稿できるコンテンツが多いです。
 「いいね」「コメント」「シェア」で友達と交流することができます。
 (ちなみに私は、友人向けに近況報告をする際に使用することが多いです)

Instagram:写真メインのSNS。
 いわゆる「お洒落な画像」や「お洒落な動画」を求める人、
 発信したい人が使っていることが多いです。
 Facebookの「シェア」のような情報拡散方法は無いですが、
 「#(ハッシュタグ)」次第で新規ユーザーに情報が届きます。
 Facebookと比べて「いいね」のハードルが低いです。
 (ちなみに、私が現在一番使用頻度が高いのはInstagramです!)

twitter:番組の実況などにも使われており、よりリアルタイムな情報発信が可能です。
 高校生や大学生など、スマホやケータイを常に触りやすい環境のユーザーが多いです。
 (私はアーティストの物販状況やテーマパークの入場状況などを調べる時に使います)


…つまり、どういうことかというと、
 単語だけでも成り立つtwitter。
 (↑工務店さんの告知には私はおすすめしていません。)
 写真だけでも成り立つInstagram。
 (↑ファンを増やす自社ブランディングとしておすすめしています。)
 更新内容の信頼感も大切なFacebook。
 (↑自社ブランディング、イベント告知など色々な用途でおすすめしています。)

初歩の初歩なので、こんな感じのイメージでOK!

大切なのは、各メディアの特徴やユーザーの特性に合わせて、
そして自社の目的に合わせて、情報をコーディネートすることです。


そろそろ疲れてくることかと思いますので、今回はこのあたりで区切りにます!
③④は、また次回お話します。お楽しみに◎

 


しずおかオンライン中途採用社員も、積極募集中!
「womo」「イエタテ」のスタッフとして、地域の魅力を伝える仕事です。
くわしくはこちら!

Category

Ranking