ページのイメージ
デザイン 2016/12/06

クリスマスカラーの由来って?色のもつ意味とオススメの配色

青柳祐美
青柳祐美
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2016年12月06日

こんにちは。デザイナーの青柳です。
前回、ハロウィンカラーについて書いたかと思えば季節はもうクリスマス...!
今年のクリスマスは3連休とのことで、今からワクワクしちゃいますね。

クリスマスにも象徴的な色がいくつかあります。
定番のものといえば「」「グリーン」「」「ゴールド」でしょうか?
実はこのカラーにもしっかり意味が込められているんです。

クリスマスカラーの意味

赤は「愛と寛大さ」「キリスト教のシンボルカラー」です。
リンゴやヒイラギの実の色になります。

サンタクロースの服の赤色としても有名ですね。
モデルになった教父ニコラウスが赤い司教服を着ていた事から来ています。

グリーンは「力強さ」や「永遠の命」
ヒイラギなどの常緑樹は1年中葉を付けており、願い事などに使われる特別な木。
中でもモミの木は、葉が十字架に見える事から
メインモチーフでもあるツリーに使われるようになったとされています。

白は、「純 潔」「潔 白」
降り積もった雪をイメージさせる色です。また、「平和」「始まり」等の意味もあり
新しい年を迎える季節にぴったりのカラーです。

ゴールドは「高貴」「希望」「大切さ」
クリスマスツリーのてっぺんに飾る星も金色に輝いています。
キリストが生まれた時に、賢者を馬小屋まで導いた星を示し、「富」「豊かさ」等の意味もあります。

最近では「銀」や「深いブルー」もよく見かけます。
これらの色をネイルやファッションに取り入れてコーディネートでクリスマスを感じるのも素敵ですね。

クリスマスの配色

組み合わせによっても与える印象は変わります。
参考になりそうな配色を幾つか挙げてみましょう。

赤×緑

クリスマスのメインカラーです。
補色という正反対の組み合わせになり、お互いを引き立てる相性の良い色になります。
派手さがありますが、暗めの色を選ぶと一転して落ち着いた配色になります。

赤×ゴールド

ゴージャスなイメージですね。
アクセントとしてゴールドを加える事で華やかさが増します。

赤×白

サンタクロースの衣装を思わせる配色です。
白はどの色とも相性が良いため、赤がより引き立ちます。

白×ゴールド

上品な高級感があります。大人の雰囲気がありますね。
主張しすぎず、ファッションにも取り入れやすい配色です。

白×ダークブルー

ブルーは長い冬の夜、白は雪を思わせます。
落ち着いた美しさを生み出してくれる配色です。「ホワイトクリスマス」にピッタリですね。


雪景色を銀世界と表すように、白の変わりにシルバーを使う事も多いです。
より高級感をプラスしたい時に取り入れたい色です。


ファッションだけでなく、パーティやプレゼントのラッピングなど
毎年のクリスマスも、テーマの色を変えるだけで違う雰囲気を楽しめそうですね。

================================
womoのクリスマスページにも
もちろん「赤」「グリーン」「白」「ゴールド」が使われています。


womoクリスマス -静岡でクリスマスを楽しもう-
https://womo.jp/feature/christmas/

なんとページ内には(静岡ではなかなかお目にかかれない)雪が!。

クリスマスにぴったりの情報コラムや、クチコミ情報、
イルミネーションやパレードなどクリスマスムードを楽しめるイベント情報が満載です。

ぜひ、この時期ならではのクリスマスカラーにチャレンジして、
イベントやパーティーに参加してみてくださいね!

 

Category

Ranking